2018年2月8日レーザー学会 / シンポジウム13:6 光技術を利用した下肢静脈瘤治療の軌跡と未来

レーザー学会のシンポジウム(13)にて発表します。

レーザー学会  http://lsj-nenkai.net/program/#S1

シンポジウム13:光技術を利用した下肢静脈瘤治療の軌跡と未来

UIP2018  http://uip2018.com/

Naoki Sakakibara, Rie Yoshida, Hirokazu Akashi, Hironobu Yamaoka, Kan Kajimoto, Atsushi Amano

New variable cycle mode with radiofrequency segmental thermal ablation for incompetent saphenous veins

World Congress of Phlebology 2018, Melbourne, Australia

February 2-8, 2018

Naoki Sakakibara, Tomohiro Imai, Kan Kajimoto, Atsushi Amano

Clinical outcome of ultra-rapid acting cyanoacrylate embolization compared with micro-pulsed laser ablation

World Congress of Phlebology 2018, Melbourne, Australia

February 2-8, 2018

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です